東京屋 木目金〜幻の技法・木目金(もくめがね)〜

東京屋 木目金 もくめがね

木目金とは江戸時代初期、刀装具の職人によって考案された日本独自の金属工芸技術である。
色の異なる金属を幾重にも重ね合わせたものを丹念に彫って鍛え、美しい木目状の文様を作り出します。
「幻の技術」と呼ばれた技法が今よみがえり ジュエリーになりました。

木目金とは、江戸時代に生まれた日本独自の特殊な金属加工技術です。
色の異なる金属を幾重にも重ね合わせたものを丹念に彫って鍛え、美しい木目状の文様を作り出します。
「幻の技術」と呼ばれた技法が現代によみがえり、ジュエリーになりました。